はじめに

生活習慣で気を付けるべきポイントや、あらゆる情報をアドバイスします。毎日のケアでしっかり薄毛対策をしましょう。

食事で対策

髪と食べ物は非常に深く関係しています。

「薄毛が気になってきたから育毛剤でケアしたら大丈夫」と思っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

育毛剤でいくら血行を促進しても、その血液に髪の形成に必要な栄養素がなければ意味がないのです。

成長期の髪は血液からどんどん栄養を取り込んで成長していきます。

タンパク質、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取するためにもバランス良い食事が必要になってきます。

その中でも髪の95%を生成しているタンパク質は特に重要で、良質なタンパク質の元となるアミノ酸は髪を作り出す上で大切な栄養素だということも知っておきましょう。

シャンプーで対策

スカルプケアシャンプーは頭皮に非常に良いとされていますが、市販されているシャンプーのほとんどが、短時間で汚れを落としきるというメリットを持つ石油系界面活性剤を採用しています。

これらのシャンプーは、頭皮環境に問題がある人たちには洗浄力が強すぎ頭皮に悪影響を与えるというデメリットもあるので、抜け毛が気になる方はアミノ酸系界面活性剤の頭皮にやさしいシャンプーを選ぶようにして、丁寧な洗い方をするように心掛けましょう。

必要な皮脂を頭皮に残しつつ、保湿しながら洗うことで乾燥による皮脂の過剰分泌も抑えられます。

AGA対策に必要な栄養素

髪を育てるには、髪が育つ栄養素を摂取することが不可欠です。

特に髪の生成に大きく影響を与えるタンパク質はその元となるアミノ酸はもちろん、成長を助ける亜鉛やビタミンB群に加え、血行促進のビタミンC・Eなど、偏った栄養素ではなく、総合的に栄養を摂ることが大切です。

AGA対策に必要な栄養素

◆タンパク質

なんと髪の95%はタンパク質でできています。

様々なアミノ酸が結合したタンパク質。髪を作るタンパク質は「ケラチン」と呼ばれており、そのアミノ酸構成は「シスチン」「グルタミン酸」「グリシン」がそのほとんどを占めています。

その中でも「シスチン」は髪に大きな影響をもたらすアミノ酸であり、コーヒーやお酒・たばこなどで消費されやすいとも言われています。

シスチンは牛肉など多く含まれますが、1日の必要量を食事だけで摂ることは難しいので、サプリメントなどで不足分を補うことをおすすめします。

◆ビタミンC

髪に必要な「アミノ酸」は胃で分解されながら血液に送り込まれますが、それらを髪に届けるのに必要になってくるのがビタミンCです。

ビタミンCは、赤・黄ピーマンやアセロラ、レモンなどに多く含まれています。

◆ビタミンB

髪に必要な「アミノ酸」は胃で分解されながら血液に送り込まれますが、それらを髪に届けるのに必要になってくるのがビタミンCです。

ビタミンCは、赤・黄ピーマンやアセロラ、レモンなどに多く含まれています。

◆ビタミンE

抗酸化で有名なビタミンEは赤血球を若々しく元気にしてくれます。

油に溶けやすい性質を持っているので炒め物などで吸収するのがおすすめで。

ウナギやアユ、魚卵、モロヘイヤに多く含まれます。

◆亜鉛

成長スイッチの異名を持つミネラルの一つであり、成長をサポートしてくれる亜鉛は、牡蠣やレバー、納豆・ナッツ類などに多く含まれています。

亜鉛は汗で流れやすいので、夏は特に多めに摂るようにしましょう。

↑ PAGE TOP