AGA(男性型脱毛症)についてのお勉強

有効成分ミノキシジルは様々な育毛剤に

ミノキシジルとは

発毛効果が高い有効成分ミノキシジルはプロペシアと並んで有名なAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

テレビCMでも一度は見たことがある有名な育毛剤の主成分としてもミノキシジルは使われており、プロペシアと兼用すると、さらに高い効果が期待できます。

ミノキシジルの効果・効能

ミノキシジルとは血管拡張剤として開発された成分で、もともとは高血圧症を改善させる薬として使用されていました。

しかし、服用していた患者から副作用として毛髪が増えたという報告が相次いだことにより、発毛促進成分としても注目されるようになりました。

もともと血管拡張剤として開発されたミノキシジルが、なぜ発毛効果に繋がったのでしょうか。

それは高血圧患者向けに作られた成分ということもあり、ミノキシジルには血圧を下げるための作用があり、血圧が下がると血流が良くなるという効果もあります。

元気な髪の毛が成長するために必要なものの一つは、髪の毛のもとになる毛母細胞への十分な栄養補給です。

この栄養は血液にのってやってきます。

ミノキシジルを投与した高血圧患者の頭皮に発毛効果が見られたのは、血圧が下がったことにより毛母細胞へ栄養が十分に補給されるようになったためなのです。

ミノキシジルの副作用

発毛効果が期待できるミノキシジルですが、他のお薬同様に副作用が出る可能性もあります。

例えば血管を拡張させて血流を良くする効果がありますが、この作用が効きすぎてしまうと低血圧になってしまいます。

さらに、血流が良くなることで皮脂の分泌が過剰になりニキビや肌荒れといった症状が出る可能性もあるのです。

ロゲイン・ツゲイン

アメリカの製薬会社「ファイザー社」が開発した世界売り上げNO.1の育毛剤「ロゲイン」。

日本でも有名な発毛剤「リアップ」よりも売上実績が上だと言われています。

男性用の育毛ロゲインだけではなく女性用の育毛ロゲインも販売されており、ミノキシジルが5%配合されています。

また、アメリカに本社を置くジョンソン・エンド・ジョンソン社が製造・販売する外用育毛剤ツゲインはファイザー社が開発するロゲインのジェネリック医薬品です。

ロゲインとその成分や効果は同等で、ミノキシジル含有濃度によって女性用(2%)、男性用(5%と10%)と分けられて販売されています。

ジェネリック医薬品ということもあり、ツゲインは比較的安価に入手することができるのも人気の理由です。

また、育毛剤としては低刺激と感じる使用者も多いことから、育毛ケアの入門として検討してみるのも良いかもしれません。

↑ PAGE TOP