AGA(男性型脱毛症)についてのお勉強

AGAのメリット・デメリットについて

投薬治療のメリットとデメリット

投薬治療にはメリットとデメリットが両立しています。

デメリットがあるので絶対におすすめとは言えませんが、メリットを追求したい人にとっては投薬治療は最適で、高い効果が期待できるのは統計上証明されています。

このページでは投薬治療のメリット・デメリットについて説明していきます。

メリット

AGA治療に使われるのは、主に飲み薬の「プロペシア」と塗り薬の「ミノキシジル」の2つです。

病院などで処方される場合には、他の医薬品を使うところもあるそうですが、基本的にはどちらかが使われる事が多いでしょう。

さて、肝心のメリットについては、臨床試験で約60~80%の被験者が効果を実感したという点です。

服用した期間によってパーセンテージは変動していますが、それは服用した期間が長いほど効果がある証拠でもあります。

また、髪の毛が増える実感はなくても、AGAの進行を食い止める実感について検証すると98%まで上昇するのです。

もちろん長期間服用するという条件付きではあるものの、投薬中や投薬を考えている人たちにとっては嬉しい数値でもあり、臨床結果からのデータなので信頼できるものでもあります。

デメリット①

臨床試験からも分かる通り投薬治療は高い効果が認められていますが、もちろんデメリットもあります。

医薬品の益と害は表裏一体、つまり得られる効果の一方で副作用を秘めているということを知っておきましょう。

重要な副作用として報告されているのが肝機能障害です。

元々肝臓が弱い人にとっては服用が向いておらず、医師の診断を経てから処方されることが定められています。

発生頻度は低いですが、肝機能に影響があることを考えると軽視できないので注意しましょう。

また、性欲減退や男性機能の低下なども副作用として報告されています。

それほどデメリットに感じない人もいるかもしれませんが、薬の使っているせいで日常生活に問題が生じてしまうのはストレスが溜まってしまうものです。

「髪の毛が生えるなら性欲くらい犠牲にしても良い」と髪の毛を優先する人もいるかもしれませんが、できれば問題なく服用できるのが一番です。

こういった症状が出た際には、病院に相談するのが良いでしょう。

副作用がでる確率は非常に低いですが、薬の使用を考えているのであれば常に頭に入れておきましょう。

デメリット②

投薬治療には生活面でのしかかってくるデメリットもあります。

投薬治療には健康保険が使えないのでお金が掛かります。

それは、診察代から医薬品治療まで全て支払わなければいけないということです。

投薬治療の費用相場は毎月1~3万円程度と言われていますが、さらに初診費用や各種検査料金が必要になってくるので、トータルにすると計算するのが嫌になる金額になります。

これを効果が実感できるまで何年間も続けることを考えると、髪の毛一本の値段がずいぶん高くなってしまいます。

↑ PAGE TOP