有名なAGA治療薬

AGA(男性型脱毛症)治療薬として有名なのが内服薬のプロペシアと育毛剤のロゲインなどの成分に使われているミノキシジルです。

これらは病院や専門クリニックなどの医療機関で診療すると処方されるケースが多くなっています。

日本皮膚科学会によると「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中で、さまざまな治療方法を5段階で格付けしており、その中で「ミノキシジル外用」と「フィナステリド内服」は推奨ランクAに設定されています。

それほど薄毛治療に適した医薬品なのです。

さらに、プロペシアとミノキシジルは併用することで効果倍増するともいわれています。

しかし、ネックになってくるのがなんといっても金額の高さです。AGAの診療は自由診療にあたるため保険適用外で、服用を長期間にわたって続けなければなりません。

また、毎回、お薬を購入するたびに診察も必要になってくるため、どうしてもコストがかかってしまいます。

これと比較して低コストで続けやすいのが個人輸入などで手に入るジェネリック医薬品です。

効果や安全性について気になるところもありますが、長期間服用を続けることを考えればコストが抑えられることは魅力といえるでしょう。

ジェネリック医薬品

前述で説明した通り、AGA(男性型脱毛症)治療薬としてプロペシアやロゲインなどの国内で認可されたお薬が主流ですが、コストが掛かってしまうために金銭面で苦労している方も多いようです。

そういった方たちにおすすめなのが、同じ有効成分を含んでおり、同等の効き目があるとされるジェネリック医薬品です。

プロペシアのジェネリック医薬品としてはフィンペシアやエフペシアなどのお薬があり、ミノキシジルを使用したロゲインのジェネリック医薬品としてはツゲインなどがあります。

ジェネリック医薬品の購入方法

病院や薬局で、あなたを担当する医者に金銭的に負担が少なくなるジェネリック医薬品について尋ねてください。

また、それ以外の方法としては、海外から購入する方法です。

あなたの代わりに海外と取引してくれる個人輸入代行というサービスがあるので、そちらを利用することをおすすめします。

ただし、個人輸入代行業者を利用する際には、必ず個人で使用すること、購入量は1か月分までなど、守らなければ違法となってしまうケースも多々あるので、利用する前に注意しておきましょう。

↑ PAGE TOP